ZINAZOLの生い立ち

息子が1-2歳の頃、散歩中に石版に彫られた文字をなぞって楽しんでいる様子を見て、「今は読めなくても『文字というものがある』を認識できればいいのでは」と思いつきました。

そこで、加工しやすいスチレンボードを3枚重ねて、両面に文字の形をくり抜いたおもちゃを試作。

これが「ジナゾル」のはじまりです。

凹凸が有ると触れたくなるようで、息子はすぐに文字を認識できるようになりました。

おもちゃの効果を実感し、商品化に向けて何度も試作を繰り返し、文字の向きや組み合わせ方などを考え、遊べる工夫をくわえていき、

現在の「ジナゾル」が誕生したのです。